ビジネスブログ

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
2020年07月17日 [Default]
琉球ニライカナイバスケットボールクラブには、現在、多くの無料一日体験の方が来館されております。

1

・バスケットボールが初心者の方

・運動が苦手な方

・何かスポーツをやってみようと思っている方

などなど、たくさんの理由よりお子様が無料一日体験に来られていております。

バスケットボールが初心者でも大丈夫なんですか??

よくこんな声を耳にします。

当クラブは、バスケットボールが初心者の方でも安心して始められるプログラムを用意しております。

また、コーチ2名以上の体制にて、バスケット経験者と初心者の方で分けて親切・丁寧に指導をしております。
初めてバスケットボールを体験に来られた方が、一同に終わった後に【楽しかった〜(笑)】と笑顔で話をして入会にて活動をしております。

また、ご自身の都合(父兄の都合)に応じて、いつでもお休みを自由にして頂いて構いません(連絡も不要です)。
もちろん、父兄の係り・当番等も一切ございません・・・

どうぞ、お気軽にスポーツ・バスケットボールを始めてみてはいかがでしょうか?

現在、無料一日体験を受け付けております。

お気軽にホームページまたはお電話にてお申し込み・お問い合わせをお待ち申しております。



2020年07月07日 [Default]
7月6日(月)の琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、宜野湾市内でたくさんの子供達が来館し、基礎からしっかりとバスケットボールのトレーニングメニューを実施しました!!

1

シュートのみならず、デイフェンスのスタンスやフットワークなどもしっかりと指導をしております。

中学校部活やミニバスチームに所属している子供でも、もちろん参加OKです!!

現在もたくさんの中学校部活・ミニバスチームに所属している選手達が掛け持ちでトレーニングへ励み、もっと練習を・もっと上手になりたいと目を輝かせて参加し活動しております。

自チーム以外の選手達と一緒に切磋琢磨出来る環境も魅力の一つですね!!

無料一日体験を受け付けております。

お気軽にお電話またはホームページよりお申し込み下さい!!



2020年07月02日 [Default]
最近、とある教育関係者と話をする機会があった。

話をしていると、

最近の子供はインターネット等より情報が有り余るほど入り、情報で頭でっかちになっているとか・・・

情報も良し悪し、分別をすることが必要だか、こどもは経験値も社会経験も少ない為、その分別がなかなか出来ない・乏しい・・・

そして、情報で頭でっかちのこどもほど、何かをする前に調べて「ググって(グーグルで調べて)、自分で判断をするという現象・・・

でも、無限の可能性があるこどもにこれって正直、良いのかな・・・!?と

これって、大人になったら仕事で何かのプロジェクトや新規事業、または起業をする際に、机上で判断し、出来ることでも・成し遂げることでも「無理だ・・・」と一歩も動かずに投げ捨てることへと少なからずつながることでもある。

チャレンジ精神・・・

この言葉は、最近の子供から聞くこと・見受けられること、そして各家庭で会話に出ることは非常に少なくなったのではないでしょうか・・・
親からもこどもの将来の職業は、安定した公務員になりなさい・・・なんて言われてというこどもも実に多い。
それは、良し悪しを申しているのではない。


せめて、こどもの頃・幼少期には、何でもチャレンジさせてあげたいですよね・・・

子どもの頃には、「無理」とは、「出来ない」という言葉を直ぐに発せずに、細く長く、忍耐強く取り組むことの大切さ・重要さが重要なのではないのでしょうか?

こどもの人生、ゲームではないので簡単に「リセット」ボタンを直ぐには押すことが出来ない事態が多く生じ、いくつもの壁をこども自身でクリアしていかなくてはならないのですから・・・

その思考・マインドを幼少期・子どもの頃から養う・養える環境って、親の責任・義務として凄く重要なことだと思います。

そのひとつの教育手段・養う手段として、スポーツってあるんですよね、実は・・・

スポーツ・バスケットボールを通して、一つの事を小学校時代に継続した・やり続けたってことは、上手下手に関係なく、続けたという継続性の思考・マインドを育むことの大切さをこどもが養っていることへとつながり、こどもが大人になった際に、些細なことでもこの思考・マインドが役に立つことがきっとあるはずですね・・・

最近、こどものココロ・気持ちを考えている様で全く考えてなく、親の都合・勝手でこどもが続けていること・続けたいことを簡単に辞めさせる(親子のパワーバランスで)ことも多く見受けられ、聞くこともございます。
本当に残念でなりません・・・

当クラブは是非とも、子どもが継続して続けられる環境ステージを提供して、子どもの大切なものを育むことへのサポートをして参りたいと思います。


このページの先頭に戻る