ビジネスブログ

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
2020年08月05日 [Default]

コロナウイルスの影響にて、子供のココロとカラダの精神的なストレスはMAX状態へ・・・

現在、コロナウイルスの第二波といわれる程の感染症の増加傾向にあります。

2・3月よりコロナウイルスの影響にて、活動の制約・制限が大人・子供に関係なく実施されておりますね・・・

でも、大人は自律神経がしっかりとしており、自身で精神的なストレス発散のコントロールが可能であります。
それは、自分で自分の行動活動を決められること、自分の行動・活動にかける費用面での経済的自由がありますので、大人は自身でストレス発散・解消がし易いという結果が出ております。

一方、子供は、自分の行動は自分で決められないこと、経済的な自由もなく、自分の行動に費用面がかけられないこと、そして精神的なセルフコントロールの仕方・方法が経験値が少ない為、全く出来ないこと、そして、学校の過密スケジュール・タイトな授業で自由時間が制限され、何と夏休みも短縮されるなどの予想外の事態に、ストレスMAXなのは、誰でもご存じなのでしょう・・・

が、一方、親はその現状を知りながらも、子供のストレス発散の仕方に、何かサポートをしているかというと、実は具体的には何も実施していない親が多いのが現実なのです・・・

子供は現実に直面しております・・・

大きな精神的なダメージのストレスに直面しております・・・

では、どのように子供のストレスを発散したらよいのでしょうか??

ゲームを買い与えて、黙って黙々とゲームに夢中になっている子供が、ストレスをはっさんしているかと思えば、それは大きな間違いです!!

それは、自分で何も考えることなくゲーム画面が次々とクリアされることで、楽で時間が過ごせるという状況より、子供はただ黙ってゲームに夢中になっているのです・・・

が、子供のココロとカラダの成長は、小学校の時期は一日一日と成長をし続けております。
当クラブにおいても、4・5月の間に休まれていた子供は、「太る」「体力低下」「集中力低下」と肥満の子供の傾向に近い子供も実際にいました・・・

それは、ただ単にコロナウイルスの影響にて、自粛をしていたから仕方がない・・・という親の理由・都合では、片付けられません・・・

コロナウイルスの影響でも、しっかりと子供のココロとカラダのコンディショニングをしっかりと整えている親御さんも多くいらっしゃいます。

コロナウイルスだから・・・

で、何でも済まさないで、コロナウイルスと向き合って、感染症対策をしっかりとして活動・行動をすること、【共生】という言葉をキーワードとして、現在、行動・活動をしている親御さんも多くいらっしゃいます。

おそらく、ワクチン開発もここ半年・1年以上は時間を要すること、そして秋冬にはコロナウイルスだけではなく、インフルエンザなども流行しますし、風邪も流行します。
その免疫力もしっかりと今、運動・スポーツ・バスケットボールを通してお子様に備えておかなければなりません・・・
コロナウイルス一辺倒ではないのです・・・

いつまで子供のココロとカラダのを放置し、運動をさせない状況を続けるのでしょうか?

現時点でコロナウイルスの拡大より活動自粛をしているお子様は既に半年・6か月を自粛・無活動でおられます・・・

子供の心は・・・

子供の本音は・・・

今後も小学校での自由時間(遊ぶ時間)・体育の時間・ミニバスなどの社会活動時間もドンドン制限・減少することは間違いございません「現在は夏休みですが・・・」

中学校の学校部活もこのコロナウイルスの状況より、現在は週2回の休みの義務化・一日2〜3時間以内の活動制限を今後、もっと活動制限、しいては部活動廃止という流れも出てきている話を聞いております・・・

子供の運動をする場、カラダを定期的に動かす場を父兄がしっかりと確保・提供してあげる必要性が、選択肢の無い子供にはとても重要です。

強いココロとカラダを育むこと、それは今、父兄に対してしっかりと考える時に来ていることを認識して頂きたいと存じます。

そんな父兄へ当クラブは全力でサポートを致します!!

このページの先頭に戻る